• home
  • technology
  • products
  • shop & events
  • on-line store
  • company
  • MG head series
  • PASSING POINT
  • Miuraism
  • Concept
  • Fitting system
  • Base models
  • HAGANE
  • Products collection
  • Accessories
  • Wallpaper
基本的にゴルフクラブとは ヘッド、シャフト、グリップという三つの部品の集合体です。
徹底した品質管理下で造られてくるクラブヘッドでも、クラブとして組み立てる時点でトータルバランスを崩してしまう場合があります。
トータルバランスを崩さないためには、”装着過程でその時の状態に合わせる”というその場的な組み立てではなく、装着前の段階で三つそれぞれの部品の重量管理を行い、そして選定されたシャフト、グリップに対してクラブバランスの設定が算出できた時点でヘッドの製作がスタートする。この流れを経て、装着過程へと進まなくてはなりません。本来あたりまえとなる作業のはずなのですが、手間がかかり管理しづらいがために、クラブバランスは一応出ているがトータルバランスの崩れているクラブが多いことも現状です。このようなクラブでスイングした際、その正確さの域が足りないために、スイング時に違和感を与え、インパクト以降の結果が伴なわない場合もあります。
ミスに対して安易にクラブの原因にしてはいけませんが、一概にプレイヤーだけの問題とは限らないのも事実です。
三浦技研では三つの部品の集合体からなるクラブをトータルバランスのとれた最良の状態にするため、ヘッドは当然のことシャフト、グリップについても重量面を細かく吟味し、シャフトの硬さ方向(たわみの向き)からチェックし、組み立てに必要な装着時の接着剤の重量までも管理しています。クラブバランスの均一性に努めることで、トータルバランスのとれた精密なクラブへとつくり上げることができ、それが真のゴルフクラブとしての完成だと考えています。

使う人との調和こそ、道具としてもっとも大切な目的だと考えます。