• home
  • technology
  • products
  • shop & events
  • on-line store
  • company
  • MG head series
  • PASSING POINT
  • Miuraism
  • Products collection
  • PP-9001
  • Accessories
  • Wallpaper

PP-9005 PREMIUM

飛距離性能を追求すると同時に、ヘッドの抜けスピードに着目。業界初の低摩擦抵抗表面処理を採用し、飛距離と方向性を両立させました。もちろんミウラらしさの象徴であるアドレスの安心感、ソリッドな打感の追求など、製法、素材、形状、仕上げにとことんこだわったプレミアムな鍛造ヘッドです。さらなる上を目指すシニアミドル層のゴルファーに贈ります。

(1)ミウラでは初となる軟鉄鍛造複合製法&ポケットキャビティ構造

圧倒的な飛距離性能やワイドスイートエリア、打感など、ミドルシニア層が望む性能を高いレベルで達成させることを追求した結果、従来の軟鉄鍛造キャビティではなく複合素材による3ピースポケットキャビティ構造を採用しました。軟鉄精密鍛造 W.D.D. Accurate Forgedボディとフェイス部分にはSUP-10を採用し、一般的なポケットキャビティによくある手応えのない打感とは異なる、厚みのあるしっかりした打感を感じていただけます。SUP-10がボール初速を上げ、しっかり重量を持たせたホローバックプレートによる番手毎の重心位置設計がさらなる飛距離への最適な弾道を約束します。

(2)ゴルフ業界初の低摩擦抵抗の表面処理Accurise Coatを採用

W Ni-Crメッキと比べ、芝との接触抵抗が少ない低摩擦抵抗の表面処理AccuriseCoat(アキュライズコート)をゴルフヘッドで初めて採用しました。ワイドソールでありながら抜群のヘッドの抜けスピードを実現し、ラフでもヘッドが抵抗なく滑っていく今までにない感覚を感じていただけます。ボール手前をダフっても、ヘッドが突っかかりにくく、芝の抵抗が少なくヘッドスピードも落ちにくいため、ミスに寛容で飛距離ロスが少ない設計です。

(3)ヘッド形状と打感はミウラらしさをしっかり継承

飛び系アイアンといっても、ミウラが常にこだわり、培ってきたヘッド形状と打感は一切犠牲していません。ミウラらしい力強くそしてやさしくボールを包み込むようなヘッド形状はゴルファーの感性に働きかけ、アドレス時の落ち着きを生み、ナイスショットのイメージをわかせます。またAccurise Coatの下地には銅メッキを施しました。この処理により鍛造ヘッドらしい、やわらかい打感を実現しています。

Model Passing Point NEO PP-9005
Material Body:軟鉄(S20C) / Face:SUP-10
Process 精密鍜造 W.D.D. Accurate Forged (Body)
Finish Accurise Coat
Contents

#5

#6

#7

#8

#9

Pw

Loft( °)

24

27

30

34

39

44

Lie( °)

60.5

61.0

61.5

62.0

62.5

63.0

Weight(g)

253

260

267

274

282

290

Face Progression(mm) 4.2(#5)〜4.8(Pw)
Production Year 2015年
Production Country JAPAN
Head Price(1head) 生産・販売終了モデル
推奨シャフト Carbon:Mamiya ATTAS / Fujikura MCI
Steel:日本シャフト Zelos8、 MODUS3

※軟鉄メッキ処理のため、重量には多少の誤差があります。

Head Size (mm) #7 head
A: 72 E: 62
B: 53 F: 29
C: 57.5 G: 13.7
D: 37 H: 9.1